ヴァルター・ベンヤミン『複製技術時代の芸術』を読む


イベント詳細

このイベントは 5 9月 2018 から 17 10月 2018 まで開催しています。 次回の開催は 2018年10月3日 8:00 PM です。


「複製技術時代の芸術」(Das Kunstwerk im Zeitalter seiner technischen Reproduzierbarkeit)は、ドイツの文化評論家ヴァルター・ベンヤミンが1936年に著した評論である。この評論はカルチュラル・スタディーズやメディア論の領域に大きな影響を及ぼした。「芸術の政治学における革命的な要求の定式化に有用な」芸術理論を説明するために生み出されたものだとベンヤミンは書いている。(wikipediaより)

詳細はこちら⇒