資本主義社会のなかの身体とダンス・パフォーマンス

Photo by momo yago

◆ストレッチ講座

〜すべては今・ここの身体から、この社会で生きる私が始まります。〜

資本主義は、人の働き方、生き方を「これが正しいんだ!」と決め、押し付けてきます。この仕組みの中で生きていると、どれだけ抵抗しようと身体は資本主義の言いなりに固まってきます。
現代社会という名の舞台で、資本家はプロデューサー、上司や先生は振付師。人はいつの間にか、知らず知らずのうちにプロデューサーの思い通りに踊れる/働ける体に訓練されています。それは例えば1日12時間働ける体、あらゆる自己の自由を侵害するハラスメントに内臓や心まで固めて、最低限、死なないようにするサバイバルテクニック。結果、頭痛、肩凝り、腰痛、望んでいない体重の増減。
それを癒すためのサプリやエステ、栄養ドリンクで、また、お金が必要だと思い込まされるループ。
私たちは誰もが、ほんとうは、自分の人生という舞台の主役です。
自分の身体をこれ以上、変えられないために。
自分ののびのびとした身体を取り戻すために。
自分の人生の豊かな時間をもっと味わうために。
自分に与えられた身体を、自分で癒し、緩めてみませんか。
穏やかな時間の中で、自分の身体と世界が変わってゆきます。

ダンスの基礎の動きをベースに、重力や自分の体の重さを使って、無理なくゆるゆると身体をほぐしていきます。ご自宅でもできるセルフケアとマッサージが中心です。参加者の心身の困りごとを共有し、それをプログラムに取り入れることで、ひとりひとり異なる身体に寄り添うことを大切にしています。

開 講:毎週木曜日19:30~21:00
スケジュールをご確認ください。
講 師:權田菜美/ゴンダナミ(ダンサー)
会 場:素人の乱12号店|自由芸術大学
166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12-2F
費 用:チケット制 4回分(2,000円×4回)8,000円 ※ビジター1回2,500円
問合せ:ngonda716@gmail.com
持ち物:運動のできる服装、飲み物(必要な方は、ノートや筆記具おやつなど)

スケジュール


スケジュールを見る

 

◆ダンス講座

今・ここの私の身体を活かす、セクシーで、ジェンダーレスな踊り

モダンダンスを基調とし、ジャズやリリーステクニックなどを混ぜた、今・ここの私の身体を活かす、セクシーで、ジェンダーレスな踊りにトライする初心者向けの講座です。運動が苦手な方も、リズム感が無くても、自分の体型が気に入らない人も、自分の身体を好きになるレッスンです。

スケジュール

スケジュールを見る


講師紹介
權田菜美/ゴンダナミ(ダンサー、パフォーマンス・アーティスト、モデル)
メキシコ人パフォーマンス・アーティスト、ビオレタ・ルナに師事。

1983年生まれ。愛知県出身。高校時代よりモダンダンスを中心に、クラシックバレエやジャズダンスを学ぶ。
大学時代に社会問題について学びながら、NGO活動を経験。
上智大学大学院在学中、野宿者運動に参加したことをきっかけに、衣食住など生活に特化したアクティヴィスムとして、LOCA☆KITCHENを共同設立。
3.11をきっかけに様々な社会問題をテーマに、路上などでパフォーマンスを始める。

現在は、日本初のラディカル・マーチングバンド「NORA BRIGADE」でパフォーマンスをするほか、アフィニティグループ「Women In Black」の振り付け・構成の担当、ピアニスト・赤井康男と「革命のためのダンスワークショップ」共同主催、山田勇男監督映画「シュトルム・ウント・ドランクッ」出演、ミュージシャンとのユニット「ペンタス」、「Unknown Knowns制作委員会」など、アクティヴィズムとアートのフィールドを横断する様々な活動を行う。
2017年には、メキシコ人ダンサー、ディレリー・サンチェスとのパフォーマンス公演「黙っていたらカワイイのに!」開催。